鍼灸院の口コミは質が重要な3つの理由【集客力がまるで違います】

広告宣伝方法

こんにちは!

株式会社Remake代表取締役、クオーレ院長のとしひろです。

開業して経営し始めると口コミが欲しくなります。

そして治療院やサロンの経営本なんかみるとどれをみても口コミ集めろと書いてあります。

口コミは基本的には顧客の正直な感想ですからこれほど役に立つ、財産となるものは他にはありません。

口コミはもらって嬉しいから、集客に役立つから集めようと考えるんですが、その本当の理由をきちんと理解していますか?

この理由を知ることで口コミの重要性をさらに知ることができ、そうすると患者さんにどう書いてもらえばいいのかもわかってきます。

口コミはホームページがあればこそです。

ホームページの重要性はこちらの記事で書きましたのでこちらもぜひ参考になさってみてください。

鍼灸院の口コミは質が重要な3つの理由【集客力がまるで違います】

口コミは量か質か

まず口コミは量か質かという話を先にしておきます。

これは質を取ったほうが絶対いいです。

例えば今の時代、あなたはどこにいくにしてもまずグーグルで調べますよね?

そして必ず口コミもチェックして、人がここには誰と何しに行ってこういう感じだった、という詳しい口コミを書いてあるのを読んで、そしてそれを参考にして最終的にどうするかを決めるはずです。

つまり鍼灸院やサロンであれば

  • どういう症状だったか
  • なぜこの院を選んだか
  • 誰にやってもらったか
  • 施術後どうなったか
  • 接客態度はどうだったか
  • 院内の雰囲気はどうだったか

こういうのが書かれていると、これから来ようとしている人は非常に参考になるんです。

そしてこの質の高い口コミを集めることで3つの大きなメリットを得られるんです。

口コミが重要な理由

SEO対策

実はこれが最も重要なポイントだったりします。

例えば「肩こり 鍼灸」とか「肩こり 整体」とかで検索すると、結果にはお店の候補だけじゃなく検索ワードである肩こりに関しての口コミもいっしょに表示されたりします。

つまりここになんの症状で行って、誰に何をしてもらってどうなったかというのが強烈なSEO対策になるんです。

バカ高い料金をコンサルとか業者に払って対策してもらわなくても検索上位をとることができちゃうんです。

これ本当に重要ですよ?

院の魅力を伝えてくれる

口コミは顧客目線で院の魅力を伝えてくれます。

ホームページはどうしても経営者目線、鍼灸師目線になりやすく、魅力をきちんと伝えられないこともしばしば。

室の高い口コミはこれをカバーしてくれます。

信頼性が高まる

評価だけの口コミがいくら多くても信頼感は高まりません。

ある程度詳しく書かれた口コミが積み重なることで信頼性が跳ね上がるんです。

そして口コミが増えると書いてくれる人も自然と増えていくので周りと圧倒的に差をつけることができます。

量は必要ない?

質の高い口コミを集めることは至難の業です。

だって書いてもらうんですから、みんながみんなそんな長文を書けるわけないんです。

口コミを書いたことがある人はわかると思いますが、文章を書くというのは結構考えるし時間を使います。

だからある程度時間に余裕がないと書きたくても書けないんです。

室の高いのを欲しがるあまり患者さんにそれを強要、強制するのだけはNGです。

評価だれでも心からの感謝を。

10件口コミがあったらそのうちの2件が質の高い口コミであれば十分なレベルです。

口コミは20件から

参考書などには10件集めればなんて書いてありますが僕の体感上、20件くらいから集客に大きな影響を出し始めました。

特にグーグル口コミは20件もあると新規の患者はほぼ全て口コミをみて来たと言います。

20件まずはがんばって集めましょう!

おすすめ参考書

実際に僕も買って参考にした本を2冊ご紹介します。

実践することで確かに効果はありました。

口コミ繁盛店のつくり方

開業して2年位してから集客のためにと買った本です。

今でも読み返すとためになること書いてあって重宝しています。

口コミ伝染病

あなたの会社が90日で儲かるの神田先生の本です。

この本は読んではいませんが神田先生なので間違いないでしょう。

まとめ

というわけでまとめると質の高い口コミが重要な理由は

  • SEOで効果がある
  • 無料で院の魅力を伝えてくれる広告にもなる
  • 信頼性が跳ね上がる

の3つです。

1ヶ月や2ヶ月で口コミが20も30も増えませんから焦らずじっくり、けれども忘れずに患者さんには適度にアプローチしましょう。


マーケティング・経営ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました