サプリじゃ健康になれない痩せれない3つの理由

ママの為の情報局

サプリが健康にいいと思っていませんか?

でもサプリって本当はそこまで有益なものじゃないんですよ。

今回はサプリがなぜ健康になれないのか、そして痩せることにつながらないのかを解説していきます。

サプリじゃ健康になれない痩せれない3つの理由

サプリとは補うもの

様々なサプリが売り出されて食事の代わりにサプリで大まかな栄養が摂取できるくらいになりました。

食事の時間を短縮したい、太りたくない、そんな理由でサプリだけで生活している人も中にはいます。

しかしサプリはあくまでも補うもの。

メインにはなれないのです。

サプリ依存が健康になれない3つの理由

サプリに依存すると逆に健康リスクが高くなります。

その理由はいくつかあるのですが特に大きな理由を3つあげてみます。

咀嚼機能の低下

咀嚼とは人間が生きる上でとても重要な機能であり運動です。

咀嚼の意義とは

  • 食べたものを消化しやすくする
  • 食べたものに異物があった場合発見できる
  • 口内の自浄作用
  • 食事の満足感、喜びをえられる
  • 脳内の血液量アップ
  • リラックス作用など

よく噛むと健康にいいというのはこれらの作用があるからです。

しかしサプリメインの食事(?)になるとこれらの機能が一気に低下していきます。

栄養不足

サプリとはある1種の栄養素を濃縮した錠剤、カプセルです。

まあマルチビタミンなどのようなものだと多くて10種類くらいが入っているわけですがそれでもそんなものです。

人間の臓器というのはおもしろいもので不必要に多く入ってきたものはいくら必要といえど吸収しないようになっているんです。

また、それが続くと内臓、特に肝臓や腎臓に負担がかかりすぎて病気になってしまったりします。

まるで健康にならないし、程遠いわけです。

きちんとした食事が何故いいかと言うと、例えばキャベツ。

キャベツにはおよそ30種の栄養素が入っています。

栄養素そのものの量としては微々たるものですが含まれている栄養素の数は実は非常に多いのです。

バランスの良い食事というのは数え切れないほどの栄養素を一気に、しかも体に無理なく摂り入れることができるんです。

どちらがコスパいいか、一目瞭然ですね。

内臓機能の低下

食事はただ栄養を摂り入れるための行為じゃありません。

内臓をきちんと動かすためのトレーニングでもあります。

内臓は実は筋肉でできています。

御存知の通り筋肉はなにもしなければ衰えますがこれは内臓にも同じことが言えるんです。

例えば食道がうまく動かなくなれば喉に食べ物がつまったりしますし、大腸の動きが悪くなれば便秘になったりします。

サプリで食事を済ますというのは実は超がつくほどの危険行為ってわけなんです。

健康のためにも痩せるためにも食べろ

健康のためにはまず食べること。

一口につき最低30回は噛む。

当院の患者さんの身内の方は一口につき100回噛んでいる方もいらっしゃいます。

その方はもう100歳!

素晴らしいです。

痩せるためにも同じことが言えます。

よく噛んで食べることはダイエットの基本です。

咀嚼はリラックス、姿勢改善、精神の安定にも効果あります。

きれいに痩せたいなら食べましょう。

まとめ

人類が生まれて約500万年。

長い歴史の中で人類は肉を食べたり魚を食べたり野菜を食べたり木の根っこを食べたり虫を食べたりして生きてきました。

美味しいものばかりではなく、苦いものや辛いもの、まずいものだって食べてきたわけです。

しかしそれが栄養源であり、生きるために必要と理解していたからです。

今のように栄養学というものがなくても経験上知っていたんですね。

柔らかいもの、美味しいものだけを食べていると人間は早死します。

これは極論でもなんでもなくて実際の歴史で証明されているんです。

かといってまずいものを食べろと言っているのではありません。

まずいもの、苦手なものを美味しく食べるために料理というものがあるんです。

料理で苦手なものも好きなものもすべて美味しく食べられれば心も体も健康になれます。

しっかり食事して、それでも足りない栄養素があると思うのならサプリを摂りましょうね!

サプリの摂りすぎは非常に危険なんです。

以前に記事でまとめたので興味ある方は是非読んでみてください。

とっても怖いサプリメントの副作用の話

今回の話がおもしろい、役に立った!と感じた方は下の【子育て情報】バナーをぽちっとお願いします!


子育て情報ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました