頭痛における鍼灸治療

鍼灸院経営術

頭痛の種類

鍼灸院には頭痛を訴える方もよく来られます。

まず頭痛の種類をおさらいしておきます。

緊張性頭痛

筋肉のコリ、緊張から血流が悪くなり、頭全体が締め付けられるようなグワングワンと痛む頭痛です。

コリや筋肉の緊張の原因は主に過度なストレスだったり、長時間同じ姿勢を続けていることがあげられます。

PC、スマホの長時間使用により目を酷使することで周りの筋肉も疲労し、そこから頭痛が起きることも多いです(眼精疲労)

緊張性頭痛は筋肉の緊張をほぐすためにマッサージやお風呂などが有効で、1回で終わらすのではなく、症状があるときは短い時間でもスキマ時間にほぐしてあげることが早い改善に繋がります。

偏頭痛

緊張性頭痛と違って発作性であり脈を打つように痛むのが特徴です。

また女性は男性よりも3倍程度多いとされており、血管が拡張すると頭痛が起きやすくなります。

さらに偏頭痛は痛みが強いので吐き気を伴う方も少なくありません。

頭痛発作時には光を過敏に感じる光過敏や閃輝暗点、音に過敏になるような特徴もあります。

片頭痛の原因は緊張性頭痛と同じくストレスや疲労が強く関わります。

寝すぎや寝不足など不規則な生活リズムも原因となり、季節の変化や気候の極端な変化も頭痛の起きるきっかけになりえます。

群発頭痛

15年以上施術してきていますし開業して13年ですが今までに群発頭痛を訴えてきた方は1人だけです。

鍼灸院ではあまり多くない症例かと思います。

目がえぐられるようなひどく激しい頭痛が頭の片側に起こります。

症状が1度でると1,2ヶ月ほぼ毎日同じ時間に頭痛が起きると言われています。

治し方は頭痛専門医へ受診し、適切な治療を受けることです。

頭痛の場合、鍼灸でなにをする?

偏頭痛の発作時には当然施術なんてできませんが、緊張性頭痛でも偏頭痛でも原因となるものはほとんどがストレスです。

なのでクオーレの鍼灸治療ではまずストレスの軽減を狙った施術をしていきます。

そこに患者さんそれぞれの原因に対して鍼灸を加えていきます。

例えばデスクワークが多め、座りっぱなしの仕事が多いという方は首肩の緊張を取ったり、下肢の血流を改善するツボを使ったりします。

また女性であればホルモンバランスの関係や婦人科疾患から頭痛が起きているのであれば、それに対応した施術も同時にしていきます。

一言に原因はストレスと言ってもその内容は人それぞれなのできちんとした問診が大切になります。

鍼灸治療で頭痛は治る?

ストレスが原因であればそのストレスをどう減らしていくかも重要です。

なので鍼灸だけで頭痛が治るというのは断言できません。

しかし偏頭痛持ちの方が当院で鍼灸治療を受けて痛む頻度が激減したり、緊張性頭痛の方が頭痛で悩まされなくなったりと、一定以上の効果を出せているのも事実です。

良くなっている方は数回の間に効果を実感しているので頭痛で悩んでいる方は3回から5回程度継続して受けてみることをお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました