鍼灸院がGoogle口コミを最優先で集めるべき2つの理由と書いてもらう方法

広告宣伝方法

こんにちは。

株式会社Remake代表、はり急治療院クオーレ院長のとしひろです。

前回口コミを集める重要性についてお話しました。

すでに開業している鍼灸師やセラピストの方で前回の記事をまだ読んでいないという方はぜひ読んでくださいね!

口コミを集めるのは理解してもらったとして、ではどの口コミを集めれば良いのか悩みますよね。

鍼灸ならしんきゅうコンパスやエキテン、EPARKなんかがあるし、整体やサロンならホットペッパーが利用できます。

どれも口コミを集めれば集客につながる!って書いてありますし、確かに口コミは無いよりは合ったほうが良いです。

でも同じ口コミを書いてもらうなら断然Googleなんです。

今回はその大きなメリットを解説していきます。

鍼灸院がGoogle口コミを最優先で集めるべき2つの理由と書いてもらう方法

Google口コミはなぜ重要?

口コミサイトは多くありますがなぜGoogleを最優先でしなくてはならないかというと理由は2つあります。

1つはMEO対策や検索上位表示のため、2つ目はまず真っ先に見られる口コミだからです。

それぞれ深彫していきましょう。

Googleマップで露出度があがる

例えばあなたが温泉に行こうと考えて検索する時、おそらく「地名プラス旅館(とかホテルとか温泉)」というキーワードで検索するはずです。

鍼灸院を探す方も同じです。

行こうとしている地名+症状名とか鍼灸とかで検索します。

この時に地図も一緒に表示されますよね。

このような地域に関連した検索をローカル検索と言います。

ここを上位表示させるためには関連性、距離、視認性の高さが重要と言われています。

Googleはユーザーの利便性を第一に考えているのでホームページの情報を充実させたりユーザーが見やすいように作ったり、口コミの数や評価を高めることでGoogleの評価も上がります。

例えばこれは「多摩センター 鍼灸」で検索したときのグーグルマップ。

左を見ると一番上にクオーレが表示されています。

検索されるときに下の方まで見る人は非常に少ないですから上位表示されることが集客の鍵となります。

もうひとつ画像だします。

こっちは「眼精疲労 多摩センター」のGoogle検索です。

こちらは残念ながら3位になっていますが、ホームページリニューアル前は1位だったんです。

見やすいように作り変えたら順位は下がってしまいました(T_T)

でも新規集客は明らかに増えました。

あ、どちらもシークレットウインドウで表示させていますから、クオーレが優先的に上にきているというのはないですよ。

こんな感じで口コミを集めると上位表示されやすくなります。

真っ先に見られる口コミはGoogle

うちはGoogle以外にもエキテンで65件、しんきゅうコンパスで125件の口コミを集めています。

確かにそれぞれ見てくれる人は少しはいます。

でも結局鍼灸院を探そうとしている人は「地名+鍼灸」や「地名+症状」で探すわけです。

特に鍼灸院を探している人は鍼灸でなんとかしたいと考えているのでしっかり鍼治療をしてくれるところを探しています。

だからまずまっさきにGoogleにある星、評価、口コミをチェックするんです。

いくらホームページが立派でも評価が最低だったら誰も行こうとは思いませんが、ホームページがそこそこきちんとしたものができていて評価が4以上なら、ウェブサイトへのクリック率も格段にあがります。

Google口コミを書いてもらう方法

口コミを書いてもらう方法はいくつかあります。

うちが実際にやっている口コミをもらうための3つの方法をご紹介します。

しかし大前提としてキャッシュバックや割引、なにかをプレゼントするということはGoogleの規約に違反することになるので重大なペナルティになります。

これはGoogleの理念にユーザーの利便性を第一に考えるというものがあるからです。

本当の正直な感想こそがまだそのお店を利用したことのないユーザーの参考になると考えているんですね。

確かに正直な意見じゃなくちゃ今後の院作りにも役立ちませんからね。

①直接お願いをする

案外やってないことです。

経営していると口コミは喉から手が出るほど嬉しいものです。

そして非常に重要なものなんですが顧客、患者からすると「そうなの?」という程度。

だから僕は口コミがほしい!もっとたくさんの人にうちの鍼灸治療を受けてほしいし、喜んでもらいたい!

あなたがどんな症状で、なぜうちを見つけたのか、誰にやってもらって、どんな感想を持ったのか、こういうのを書いてもらえるとめちゃくちゃ助かるんです!

と正直に訴えましょう。

もし時間があるなら例文を数パターン用意しておくと患者さんも書きやすいですよ。

②QRコードのついた口コミカードを渡す

直接お願いするだけだと忘れられてしまうこともしばしば。

そこで口コミページへリンクしているQRコードを名刺サイズのカードに印刷して口コミカードとして渡しましょう。

スマホの扱いになれている方であればそこから口コミを書いてくれる人も多いんですよ!

③LINEのリッチメニューでワンクリックで書けるようにしておく

Googleのいうユーザー目線で考えると今の時代LINEから促すのが簡単で一番良いんです。

カードは財布からださなくちゃいけないけどスマホは基本的に手元に置いてある人が多いですからね。

で、LINEを使っている人はめちゃくちゃ多いです。

なのでLINEに友達登録してもらって院のLINEのリッチメニューに口コミへのボタンを入れておくんです。

そうすると空き状況などお知らせをするのと同時に、口コミへのボタンが自然と目に入ります。

で、時々口コミをお願いします!とLINEでも直接お願いすると反応があがったりします。

もちろんしょっちゅう催促してたらうるさいだけなのでブロックされてしまいますから頻度は抑えめで(笑)

まとめ

いかがでしたか?

いま世界はGoogleなしでは動かないほどにGoogleは重要なものなんです。

つまりGoogleを攻略すれば周りよりも抜きんでる可能性も高いわけ。

いろいろめんどくさいことが多いですがその中でも口コミは患者さんとあなたを結ぶツールです。

ぜひお願いをしてみてください。

そしてより信頼関係を深めてくださいね。


マーケティング・経営ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました