靴下の選び方で肩こりが良くなるワケ

健康

どもこんにちは!

子育てパパ、としひろ院長です。

みなさん、靴下ってどうやって選んでいますか?

かわいい?履きやすい?適当?

実は靴下って肩こりにまで影響するとても重要な健康アイテムなんです!

どういうのを選ぶべきか、そしてその理由も簡単に解説していきますね!

靴下の選ぶポイント3つ

まず結論を言ってしまいましょう。

靴下を選ぶときのポイントは

  1. きつすぎない
  2. ゆるすぎない
  3. 履いてて心地いい

これだけ!

え?そんなの当たり前ですって?

いや、案外そうでもないんですよ。

ではあなたのその靴下はどれくらい履いていますか?

ゴムがゆるゆるになっていたり、歩いていて脱げてしまったり

指先にある縫い目が当たって痛くなったりしてませんか?

これだけで心地よさはなくなり歩き方も微妙に変化し

その影響は膝から股関節、腰と徐々に上り最後は首まで影響します。

つまり!

高級靴下でも三足千円でもどっちでもいいんです。

ポイントは上の3つ!

たいてい新品はこれらを満たしています。

しかし縫い目が当たるなら即座にやめたほうがいいですし

長く履いていれば徐々にゴムもゆるくなるので脱ぎやすくなったり

靴の中でまわっていくようなことがあったりします。

そうなってきたら変え時と思ってOK!

足の甲、土踏まずを絞めるのはダメぜったい!

フィット感が強烈で足をぎゅーっと絞める靴下もあります。

あれは足裏のアーチを崩してしまうので外反母趾や魚の目の

原因になったり、スポーツをしているなら足の甲の部分(中足骨)に

負荷がかかりすぎて怪我の可能性もでてきます。

まあ怪我に関しては靴下のみではそうないでしょうけどね。

フィット感があるとなんとなく気持ちいいんですけど

足本来の機能、衝撃吸収や血流を作るポンプ作用が低下します。

靴選びの記事でも書きましたが足本来の機能を低下させることは

冷え、むくみ、腰痛や肩こりにまで影響します

靴下は正しく選びましょう!

ゆるすぎる、脱げるのは足にあってない

ゆるくてまわる、歩いていて脱げるのは足にあっていない可能性。

特に脱げてしまうのならそれが土踏まずのところに当たって

違和感や痛みを感じさせることもあります。

上記した通り土踏まずは非常に大切なんです。

パンプスやローカットスニーカーをよく履く方は

立体的な作りのフットカバーを選んでみましょう。

滑り止めのラバーが施されているものもあるようなので

そういうほうがより歩きやすいかもしれませんね。

五本指靴下はどうなんだ?

五本指だといいって思い込んでる方は多いです。

確かに悪くはないんです。

でも五本指靴下は開張足になる可能性も指摘されています。

もし五本指靴下を履くならもう一つ通常の靴下を上から

重ねて履いてみましょう!

靴下を正しく選ぶとスタイルが良くなる

靴下一つで歩き方は変わります。

歩き方が変わるということはどういうことか、

それは足の機能である衝撃吸収やポンプ作用、バランス保持が

きちんと機能するということです。

心地よくキレイに歩けると背筋は勝手に伸び、肩や腰の筋肉まで

きちんと血流が良くなるんです。

結果的にスタイルまで良くなるってわけ。

靴下一つでそんなばかな!?

と思うかもしれませんが実は事実です。

靴選びも完璧なら最高の歩きやすさがそこにはある

靴選びはおしゃれ、ファッションで選ぶ人が多いと思うんですが

ここもきちんと選ぶと今までの不調が激変する可能性もあります。

健康って足元からなんですよ。

興味ある方は是非こちらの記事も読んでみてくださいね!

まとめ

というわけでまとめです。

靴下の正しく選ぶ際のポイントは

  • ・キツすぎる靴下は足本来の機能を損なわせる
  • ・ゆるすぎる靴下は同じく機能を損ない歩き方も変えてしまう
  • ・心地よい靴下は肩こりを解消しスタイルまで良くする

です!

僕は基本靴下屋の三足千円の靴下を愛用しています。

安いし持ちも悪くないです。

しかし1年も履こうものならゴムはゆるくなっていくので

やはり買い替えです。

新しい靴下はやはり心地よさが違うんです。

最近靴下買ってないなーという方は新品靴下を買うときに

是非今回のことを思い出しながら買ってみてくださいね!

最後に!

人気ブログランキングに参加しました。

もしこの記事がおもしろかったよという方は是非バナーを

ぽちっとクリックお願いいたします!


健康法ランキング
タイトルとURLをコピーしました