隠れ脱水に気をつけろ!特徴と5つの予防法

ママの為の情報局

梅雨が開けた途端に凄まじい暑さ!

夜も蒸し暑さがどんどん増していってます。

今【隠れ脱水】という言葉があるのですがご存知ですか?

今回は隠れ脱水について、それから脱水の予防法をお伝えしていきたいと思います!

隠れ脱水に気をつけろ!特徴と5つの予防法

隠れ脱水とは

毎年梅雨から真夏のこの時期になると熱中症や脱水症状についてよくニュースで見ます。

しかし今隠れ脱水なる言葉がでてきました。

調べてみると隠れ脱水とは脱水症状の一歩手前の状態のことで、このような症状が特徴です。

  • 喉が乾く
  • 大量の汗を掻く
  • ぼーっとしてしまう
  • 集中力の低下
  • 唇や肌がかさついてる

このような症状となるのですが隠れ脱水は症状自体に気づかないことを言います。

脱水症状との違いは?

脱水症状は軽度・中度・重度とわかれており、それぞれこのような症状が特徴となります。

軽度の場合

  • 大量の汗をかく
  • めまい
  • 喉の乾き
  • 食欲減退
  • 尿量減少

中度の場合

  • 吐き気
  • 脱力感
  • 感情の不安定
  • 手足の震え
  • 頭痛など

重度の場合

  • 筋痙攣
  • 失神
  • 舌のしびれ
  • 尿量消失など

隠れ脱水との違いは主に中度と重度に目立ちますね。

軽症の場合は隠れ脱水とさほど違いはありません。

気づいているかいないかの違いですね。

隠れ脱水の予防法

常温の水を飲む

暑い夏ですからついつい冷たいのを飲みたくなります。

しかしそこは我慢して常温を用意して飲むようにしましょう。

内臓を一気に冷やすと内臓の動き自体が悪くなり、血流悪化だけでなく自律神経の乱れも起こします。

冷たいのを飲むのは一口二口にしておきましょう。

がぶのみじゃなければ大丈夫!

コーヒーや紅茶で水分補給と思わない

喉が乾いても水分補給という意識がないと水じゃなくジュースやコーヒーなどを選択してしまう人も多いです。

コーヒーなどはカフェインの効果で利尿作用があります。

余計におしっこでちゃうのでだめですよ!

スポーツドリンクは砂糖多すぎ

アクエリアス、ポカリスエットは砂糖がどっさり!

激しいスポーツのあとは大丈夫なのですが適度に水分補給をするという目的にはそぐわないのです。

もしスポーツドリンクを飲むなら3倍から5倍程度に薄めて飲みましょう。

ちなみに大塚製薬やコカ・コーラ社は薄めて飲むことを良しとしていません。

しかしながら多くの医師が薄めて飲むべきであると結論づけています。

このあたりは興味ある方はググっていただくといろいろ出てくるので読んでみてください。

僕は薄めて飲む派です。

味噌汁や梅干しで塩分もしっかり補充

最近は減塩が体にいいというのが浸透しすぎていて何も考えずに減塩商品を使っている方が多いです。

減塩のはずがなぜ減塩じゃない商品と同じ味になるんでしょうね。

体にいいわけないんですよ。

室のいい塩、味噌を適度に摂ることは細胞を活性化させ、体にパワーをみなぎらせます。

梅干しはこの時期には最高の食材です。

梅干しに入っているクエン酸が疲労回復、食欲回復、ミネラル吸収にとてもいいんです。

昔からの日本の食べ物が最高というわけです。

エアコンは消して寝ない

ニュースでもよく言われていることですがこの数年、熱帯夜だとまるで気温が下がりません。

そうなると寝ている間に脱水症状が進むことがあります。

冷えすぎないよう設定温度を工夫してつけっぱなしがオススメです。

もうひとつ言うと寝る前にコップ一杯の水を飲んでおくと健康だけじゃなく美容にもいいので飲んでおきましょうね。

まとめ

オリンピックも始まり、暑い夏がスタートしました。

水分補給については毎年テレビでも雑誌でもよく取り上げられていますが、今年もとにかく暑いです。

この夏の過ごし方が秋冬の体調にも関わってきます。

意識的に水を飲んで、塩分もしっかり摂って元気いっぱいに過ごせるようにしましょう。

水分補給については何度も言っているように水が最高です。

水を意識的に飲むことで健康と美容にどれだけ恩恵があるかをこちらの記事にまとめていますので興味ある方は是非読んでみてください!

水を飲むだけでラクして健康美人になる3つの理由

今回の記事がおもしろかった、役に立ったという方は下の【子育て情報】バナーをぽちっとお願いいたします。


子育て情報ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました