不登校YouTuber少年革命家ゆたぼんから学校の必要性について考えてみた

ママの為の情報局

どうもこんにちは!としひろ院長です。

今日は少しツボとか健康とかから離れて子供の将来について書いていきます。

不登校YouTuber少年革命家ゆたぼんから学校の必要性について考えてみた

不登校YouTuberゆたぼんを知っていますか?

小学生から不登校で自ら【学校に行かないことを選んだ】と言っている少年です。

YouTuberとして活躍し、既に大金を稼げるまでになった彼は学校に行く意味がわからず中学校も当然行かないと宣言しました。

彼は第三の道を作りました。(作らされた?)

一つ目は学校へ行く。

二つ目は学校へ行けない。

三つ目が学校へ【行かない】

今まで不登校と言えばいじめ、人間関係、家族問題などで行きたくてもいけなくなってしまったという子がほとんどだったと思います。

ゆたぼんは自らなのか父親に言わされやらされているのかわかりませんが、学校へ行かないという道を作り選んだのです。

前例のないこの行動ですが、僕は今後おそらく同じような子供たちがもっとでてくるのではないかと考えています。

子供でも稼げる時代になったことを親は理解しなくてはならない

そもそも彼がなぜ学校に行かないという選択をしたのかと言えば、学校の勉強をしなくても稼げるからという理由が大きいかと思います。

小学生のなりたい職業ランキングで上位に入るYouTuber。

ただ動画をあげるだけでかなりのお金を稼ぐことができると思われているからでしょう。

(実際には相当な努力と根性が必要であるとは思いますが、それについては今回のテーマと関係ないので割愛。)

昭和、平成の初期と違って令和という時代は老若男女、誰でも稼ぐことができる時代です。

そこには学歴は関係ありません。

行動するかしないかなんです。

むしろその稼ぎ方があることを知らない、無視しているとこれから取り残されてしまう可能性のほうが高いです。

このゆたぼんは時給換算でウン十万稼ぐこともあると言っています。

時給ですよ?

アルバイトで時給850円が高い方だななんて考えてた自分からしても信じられないような金額だし、とんでもない時代だなと思います。

でもそれがこれからの「時代」なんですよね。

数年前にLINEスタンプが流行った時も小学生が凄い売れるの作って報道されていました。

もう才能があるとかないとかじゃなく、まず行動する。

それが自分の可能性を見つけることに繋がり、やがて稼ぐことになっていくんです。

学校は行く必要があるのか

小学校の授業のイラスト

ではこれだけ稼げるなら学校の勉強は必要あるのでしょうか?

国語に算数、図工に生活。

いろいろな授業があり、先生たちがたくさん教えてくれます。

しかしゆたぼんを見る限り授業を受けていなくても稼げることが証明されていますから、学力だけで考えれば家で親が教えられるなら行く必要はないと言えます。

アメリカでは親が教えて学校へ行かせないという家庭もあるようですし、日本でも同じようにして学力を上げることは不可能ではないでしょう。

学校へ行かないとバカになる、まともな職に就けないなんていうのは遠い昔の話になったんですね。

それでもやはり学校はいくべきだと思う理由

とはいえ稼ぐこと以上に学校には行くべきメリットがあります。

特に大きいのは同年代との時間の共有です。

義務教育ですから学校へ行かせるというのは親の義務でもありますがそんなことよりもまず、同年代と共に過ごす時間というのはこの上ない財産になります。

ゆたぼんは基本、親世代の人たちとしか交流しないでしょう。

多少は同年代の友達もいるでしょうが学校で過ごしている子達と比べたらその時間は雲泥の差です。

何十人、何百人といる同年代と過ごすというのは子供にとって学力以上に精神面の成長が大きいです。

男の子がいて女の子がいて、一緒にいて楽しい子がいたりつまらない子がいたり、喧嘩したり。

そんな中で自分がどう動いて過ごしていくかを毎日一生懸命考えながら生活していくわけですから、成長しないわけないんですよね。

そもそも自分と気の合う人だけと過ごせてお金を稼ぐなんてそうそうあることじゃないですよね。

苦手なやつがいたり嫌いなやつがいたり、でも一緒に働かなくてはならないなんて普通のことです。

その経験をせずに大人になったとき、はたして自分をコントロールして仕事ができるのだろうかと思うわけです。

それに学校のイベントというのは大人になってからはまずできない事がほとんどです。

給食、発表会、運動会、社会見学など。

やろうと思えばやれるかもしれませんが小学生だからこそやる意味があると僕は思うんです。

なにかしらの理由で行けないという子には学校も親も少しでも参加してもらおうと手は尽くせます。

けど【行かない】【参加しない】ではそれもできないんですよね。

様々な経験ができるのに本当にもったいないと感じます。

次にたくさんの大人とフラットな状態で関われるということ。

学校は好き嫌いなしに基本的にどの子も平等に扱ってくれます。

これは実はとても重要だと思うんです。

相手が自分のことを好きだから自分も仲よくしようとか嫌われているから無視しようとか、ゆたぼんほどのYouTuberならコメントも相当来ますからそれが当たり前になるでしょう。

けど学校なら、先生という目上の大人には普通はできませんよね。

相手がどんな先生だろうが「おはようございます。」「先生さようなら。」などの挨拶は当たり前にする。

挨拶というのは社会人なら当然のルールでありマナーです。

それを自然と身に着けられるというのは非常に大きなメリットじゃないかなと思います。

あとつい最近ですが2ちゃんねる創設者のひろゆき氏に「クソだな」と言い放っておりました。

自分はこの発言に驚きました。

これを言わせてる親に驚きました。

何百万という人間が見る媒体で相手が誰であっても「クソ」と表現する常識の無さ。

それについて親は叱ったりしないのだろうかと。

こういう言動を見ているとやはり学校は子供の成長のために行けるのであれば行かせなくてはいけないと感じます。

まとめ:より柔軟な思考を持ちつつ子供へ道を示すことが親の役目であり学びの場として最適な学校

学校が大好きと言う子はそんなに多いとは思いません。

僕も学校が大好きだったかと言われればそうでもないです(笑)

学力、学歴が絶対的なものではなくなった令和。

金を稼いだ人が勝者、勝ち組なのかと言えばそれは個人の幸福感によります。

その子供の幸福感を形作るのは親の役目であり仕事です。

いくら稼ごうとも子供は子供。

お金の価値、使い方は親が教えてあげなくてはなりません。

お金が全てという考えは人格を歪ませてしまう可能性が高いと僕は考えます。

コロナにより今後ますます働き方は強烈に変わっていくでしょう。

だから親はその流れに必死についていくよう勉強し、知識をもたなくてはいけません。

そうして子供に今後の世界の生き方を教えられると思うんです。

子供でも稼げる今の時代は非常に幸せな時代ですが、お金が全てという考え方、子供を使ってお金を稼ごうというゲスな考え方になってはいつしか親子共に心が貧しくなってしまいます。

赤の他人でも敬意をもって接すること、相手のことを考え心を豊かにするためにどうしたらいいかという人格の土台となるべきものを成長させるにはやはり学校という学びの場は大切にしなくてはいけないとゆたぼんの騒動から改めて僕は思ったわけですがあなたはどう思われますか?

是非コメントくださいね!

子供の自立には親があることを心がけていなくてはいけません。

子育て四訓に全ては詰まっています。

こちらの記事で書いていますので興味ある方は是非読んでみてください!

自立する子供を育てるために心に留めておく1番大切なこと

というわけで今回は健康関連と全く関係のない話でしたが、今回もおもしろかったよ!と思ってくれた方は下の【子育て支援】バナーをぽちっとクリックお願いいたします。


子育て支援ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました