デカ顔になる!?やってはいけないデカ顔行動5選とその対策

健康

どもこんにちは!としひろ院長です。

今日はついやりがちなデカ顔に繋がる行動をお伝えしていきます。

デカ顔は必然であり偶然ではありません。

誰しも毎日いくつかを気をつけておけばデカ顔にはならないのです。

これさえ気をつけておけば、という5つをご紹介します。

これで小顔へまっしぐら!?

顔デカ行動その1 頬杖

ちょっとした空き時間についやってしまう頬杖。

これは顔を歪ませると言われていますが

正確に言えば顎を歪ませます。

頭蓋骨が歪むと言っている人もいますが

頭蓋骨というのは縫合という形でくっついているので

動く、歪む、などということはまずありえません。

しかし顎だけは別です。

顎は頭蓋骨と違ってぶら下がっているだけの骨なので

頬杖で継続して圧をかけ続けていると次第に歪んでいきます。

顎が歪むということは咀嚼筋、側頭筋、表情筋などの筋肉に

アンバランスに負荷がかかるということです。

血液やリンパの流れがスムーズでなくなりむくみの原因になります。

これが顔デカになるひとつの原因です。

対策

対策というのはシンプルに意識してやらないように気を付けること!

単純ではありますがそれが一番大事です。

顔デカ行動その2 片方でしか噛まない

咀嚼は消化吸収にとても大切な行為ですが

片方でのみ噛んでいるとやはりこれも顔の歪みに繋がります。

片側噛みは左右の顔の筋肉に差が出てしまうので

口の向きやほうれい線、目の高さまで変わってきます。

顎の筋肉の緊張にもなるので顎関節症へ発展しやすいのも特徴です。

顎、歯の噛み合わせが悪いと足まで歪んでしまうので

全身の歪みにもなるのです。

対策

片側噛みはよく噛むことを心がけ、左右で噛むということを意識すれば

自然と治っていきます。

顔デカ行動その3 姿勢が悪い

スマホ、PCを長時間使用することが多くなると

知らないうちに猫背になっていたり姿勢が固まっていることもありますよね。

猫背が悪いというよりは長時間同じ姿勢でいることが良くないのです。

対策

基本的に猫背のような姿勢で長時間いる方が多いと思うので

1時間程度に1回は背伸びや胸の方の筋肉を伸ばして姿勢をリセットしましょう。

間違っても背中を伸ばすストレッチはしないこと!

簡単に言えば猫背は背中の筋肉が伸びて固まっているので

伸びている筋肉をさらに伸ばしても大して効き目はありません。

むしろ縮こませるように筋肉を使うことを意識してみて下さい。

それと同時に胸側の筋肉を伸ばす。

是非やってみてください。

顔デカ行動その4 無表情

マスクを毎日つけているせいで顔のたるみが酷くなったという方が

急増していると一時ニュースでよくやっていましたね。

実はもともとたるみがある方がそのほとんどだという話なんです。

しかしマスクはやはり原因のひとつではあります。

マスクを常時することで表情筋を意識的に使うことがなくなったのです。

つまり口角をあげる、相手に不快な表情を見せないように顔を作る、

これらは表情筋を使うのでたるみの防止にもなっていたんですね。

対策

顔のたるみを改善するにはやはり変顔ストレッチ!

あいうえおを大きく口をあけていうとか動物の顔真似するとか

そういうのですね。

これは数回やったら効くというものではありません。

筋トレ、ダイエットと同じですので日課として継続することで

効果を最大化することができます。

顔がむくんでいる、たるんでいるというのが気になる方は

是非毎日やってみてください。

顔デカ行動その5 疲労・ストレスをためがち

疲労を溜め、ストレスを溜めがちだと体にも悪影響です。

誰しもストレスや疲労が溜まりすぎのとき、自分でも驚くほど

老け顔、たるみ顔になっていたことが一度くらい経験あるはずです。

ストレスは病気や不調の一番の原因と言えるほど体に様々な不調を

引き起こします。

例えば便秘や下痢。

ストレスで胃が痛い、便秘や下痢がひどくなるなんて周りにもいますよね。

便秘は体から不要なものを出すデトックスですから、これができないと

体に毒素が残り、腸はそれを再吸収してしまうんです。

そうすると体に毒素が巡ってしまい肌荒れや睡眠の質の低下など

健康・美容にまで悪影響をもたらすのです。

また肩こりや腰痛もストレスから発症することは多いです。

日本人ならその殆どの方が肩こりや腰痛でつらい思いをしているはずです、

肩こり腰痛というのはざっくり言えば筋肉の緊張からくるものです。

筋肉が緊張、固くなるということは血流が悪くなるということ。

首肩の血流が悪くなれば顔のむくみにもつながっていくのです。

またストレスは自律神経の交感神経を興奮させます。

交感神経は興奮状態にさせるため筋肉を緊張させてしまいます。

一時ならさほど問題はないのですがストレスを受け続けて

長時間緊張状態が続くと血流が悪くなりむくみや姿勢の悪化、

スタイルの悪化に繋がります。

他にもストレスから暴飲暴食、食いしばりなどでも顔デカになりますから

やはりストレスは適切に対処しなくてはいけませんね。

対策

ストレス・疲労の発散・回復には遊んで発散する、買い物で発散する、

鍼灸で発散するなどがあります。

鍼灸はストレス軽減、疲労回復の科学的な研究でも実証されていますから

超おすすめです。特に多摩センターのクオーレ、としひろ院長おすすめ(笑)

まとめ

というわけでまとめます。

  • 頬杖
  • 片側噛み
  • 同じ姿勢を長時間続ける
  • 無表情
  • ストレス・疲労の蓄積

これらがデカ顔の原因になりますから

「あれ?私これ全部当てはまってない??」

って方は意識してこれらをしないようにしてみてくださいね。

小顔は継続が命です。

誰でも効果がでるけど継続しない方が多いので

がんばって継続して周りから羨ましがられましょう!!

今回の記事がおもしろい!役に立ったよ!という方は是非下のバナーをぽちっとお願いします!


健康法ランキング
タイトルとURLをコピーしました