ストレッチポールは使い方簡単なのに効果抜群!勧めたい3つの理由

ママの為の情報局

こんにちは、としひろ院長です。

子育てママさんにお聞きします。

セルフケアの道具って何かお持ちですか?

毎日子育てに奮闘していると肩こり腰痛が当たり前になりますよね。

かといってマッサージなんか行く時間も取れない。

そこでセルフケアならお金もかからないしスキマ時間にできるって話なんですが、ひとつオススメの道具があるんです。

僕はこれひとつしか持っていませんが最高なんです。

超効くのに安い!

それがこれ。

GronG(グロング) ストレッチ用ポール ヨガポール 98cm ソフト ピンク

新品価格
¥3,480から
(2021/5/15 23:01時点)

ストレッチポール!

たった3000円前後で肩こりも腰痛も解消できちゃうすごいやつなんです。

今回はストレッチポールの効果やメリットを解説していきたいと思います。

ストレッチポールは使い方簡単なのに効果抜群!勧めたい3つの理由

理由は以下の通りです。

  1. 使い方は寝るだけ
  2. 体幹に効く
  3. リラクゼーション効果

それぞれ深堀りしていきましょう。

オススメ理由①使い方は寝るだけ

使い方は至極シンプル!

ポールの上に寝るだけ!

たったこれだけなんです。

あまりにも簡単すぎてそんな効果でないだろうと思っちゃう方もいらっしゃるでしょう。

しかしでちゃうんです。

基本姿勢は縦に寝るだけで、他に予備運動やベーシックと呼ばれる肩や腰に効く運動があります。

でもどれも寝ているだけなんです。

最初はちょっと痛いんですがすぐに慣れますしむしろ気持ちよくなってそのまま意識が遠のいてしまうこともしばしば。

体がのびるーって感じです。

オススメ理由②体幹に効く

在宅ワーク、リモートワークも増えて姿勢が長時間猫背になる方も増えました。

そのままなにもせず寝てしまうと背骨や骨盤についている筋肉は緊張状態のまま。

血流は筋肉の動きで生まれますから筋肉が硬い状態だと血流が悪くなってしまいます。

そしてそれは疲労回復の遅さにも繋がります。

背骨、骨盤が矯正され姿勢が正されると呼吸もしやすくなり酸素も取り込みやすくなりますから細胞の活性化、そして疲労回復に繋がっていきます。

毎日数分寝ているだけで体はどんどん回復していき、ついでにスタイルも良くなってしまうんだからたまらない。

オススメ理由③リラクゼーション効果

背骨についている脊柱起立筋がほぐれるとリラクゼーション効果が得られると研究結果がでています。

ストレッチポール®を使用したエクササイズによる腰背部の筋硬度と筋放電量の変化 山口可奈ら 広大保健学ジャーナル、Vol.6(1),2006

東洋医学では背骨のわきに兪穴と呼ばれるツボがいくつもあります。

それぞれ肺や心臓、肝臓、胃、腎臓などさまざまな臓器に効果があるツボなんです。

つまり兪穴のある脊柱起立筋がほぐれて血流が良くなると内臓まで活性化すると言えます。

実際、背骨が伸びて筋肉がほぐれると胃腸の動きも良くなります。

幸せホルモンのセロトニンはその90%が腸で作られますから、胃腸の調子が良くなればセロトニンも増えて心地よくリラックスできるってわけですね。

育児だけでも本当に神経張り詰めちゃいますから常に交感神経興奮しっぱなしなんです。

1日のうちにきちんとリフレッシュしておきましょうね。

まとめ

というわけでストレッチポールのメリット3つを上げてみました。

他にも関節可動域が広がるので体が動かしやすくなったりとかもあります。

ママさんはみんな疲労困憊の中で子育てしていると考えるとほんと頭が下がります。

ストレッチポールは時間も数分で済みますし値段もお手頃。

なんと言っても効果がわかりやすいです。

是非この機会にストレッチポールで肩腰が楽な体を取り戻しましょう!

子育てママさんにおすすめしたいのがもう一つ。

産後で骨盤が歪んだなんて言ってる方には特にピラティスをオススメしたい。

骨盤矯正なんて受けるだけお金の無駄。

海外では産後ママは主にピラティスをやってスタイルを戻したり腰痛を改善したりしているんですよ。

詳しくはこちらの記事で書いてありますので是非読んでみてください。

ピラティスが産後に特におすすめな理由6つ

今回の記事がおもしろかった!役に立ったよ!という方は下の【子育て情報】バナーをぽちっとお願いいたします。


子育て情報ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました