しっかり食べながらダイエットする厳選方法

健康

どもおはようこんにちこんばんわ!としひろ院長です。

ご飯を食べるときにはいつでも誰でも「噛む」ということをしています。

しかし適切な回数、咀嚼している人はどれほどいるでしょうか?

特に子育て中のママは早食いになってしまいがちです。

今回は咀嚼の大切さについてお伝えしていこうと思います。

咀嚼は小顔美人への近道

咀嚼というのは顎付近にある3つの筋肉、それから側頭筋を含めた4つを

使った運動です。

その運動で刺激、影響を受ける筋肉は30を超えます。

この1年、マスクをつけることが非常に多かったので

顔のたるみやシワが気になるという方が増えましたよね。

これは表情筋の動きが少なくなったために起こったたるみです。

筋肉は使わなければ弱く細くなるので顔の筋肉ならば

重力に抵抗できないので顔がたるんでしまうのです。

咀嚼運動をしっかりすることで咀嚼筋を含めた30以上の表情筋を

刺激することができます。

つまり顔全体が引き締まっていき、小顔になれるってこと!

ただご飯食べてるだけで小顔になれるなんて素敵すぎじゃないですか?

咀嚼をするだけで虫歯予防に

よく噛むことで唾液の分泌が促されます。

唾液には消化・吸収の助けになる働きもありますが

口の中をキレイにする自浄作用もあります。

また咀嚼をあまりしないと顎の筋肉が充分に鍛えられないので

歯並びが悪くなると言われています。

そうなると歯ブラシをしていてもしっかり磨けないところもできてしまい

結果的に虫歯へとつながっていきます。

咀嚼で便秘改善、ダイエットにも

咀嚼をしないと消化不良になり便秘に繋がっていきます。

しっかり噛むことで胃腸への負担を和らげ、スムーズに消化吸収が

行えるようになります。

唾液には唾液アミラナーゼという消化酵素が含まれているので

きちんと噛めば口の中である程度消化されている状態が

作れるというわけです。

しっかり噛んで食べるということはそれだけ時間を使います。

早食いが太る原因になるのは満腹中枢の刺激が伝わってくる前に

満腹以上の容量を食べてしまうからです。

スローフード、ゆっくり食べるということはもう満腹だよという

脳からの刺激を適切な量のときに受け取れるので太りづらくなるんですね。

また胃腸の負担が減るということは睡眠の質も向上するということなんです。

睡眠はするだけでカロリーをかなり消費するんです。

しっかり睡眠をとるだけで約300キロカロリー消費すると言われています。

これは40分のランニングとほぼ同じだけの消費量なんですよ。

きちんと食べてしっかり寝るだけでダイエットは可能です。

そろそろご飯のときにしっかり噛みたくなってきたんじゃないでしょうか?

咀嚼をすると脳へハンパない刺激が!

咀嚼するということはボケ防止に繋がるというのを

聞いたことがある人もいるかもしれません。

しかしそれは高齢者の話ですよね。

では子供は?

子供がしっかり噛むようになれると記憶力、判断力、集中力が高まる

言われています。

また歯並びもきれいになっていくのでかみ合わせも良くなり

運動のパフォーマンスもあがります。

噛まない理由が見つからない

今の時代、玄米で食べる方もいなくはないですが少数です。

ご飯、おかずがどうしても柔らかいものになってしまっているので

しっかり噛まないのが普通になってきています。

しかし上であげたように噛むことは非常に重要ですし

とてもとても大切なことです。

是非しっかり噛んでご飯を食べましょうね!

あ、何回噛めばいいかを伝え忘れていました!

よく30回がいいと言われていますがこれは特に根拠はないそうです。

僕も30回を目安にしていますが時間があるときは50回以上噛むようにしています。

50回も噛むとご飯をしっかり食べてもお腹が苦しくないんですね。

満腹中枢からの刺激がちょうどいい頃合いで大脳に伝わるからなんでしょうね。

食べすぎを防いでくれます。

咀嚼の注意点

咀嚼がいくら良いと言ってもやはり注意点はあります。

それは噛み過ぎることによる筋肉の疲労蓄積です。

咀嚼も筋肉で行うわけですから普段やっていないことを

急にやりだしたら疲れも溜まってしまうんです。

なので咀嚼をしっかり行ったら軽いマッサージをしてあげましょう。

咀嚼筋ケア その1 耳たぶ回し

非常に簡単です。

耳たぶをもって小さい円を描くようにくるくると回してください。

かるーく後ろの方に引っ張りながらすると気持ちいいです。

この後に耳の前から顎のエラのあたりまでを手のひらで

優しく包んで小さく円を描くようにマッサージしましょう。

これだけでもフェイスラインがすっきりします。

咀嚼筋ケア その2 側頭筋ほぐし

その1のついでに側頭筋、頭の横にある筋肉もほぐしてあげましょう。

ここを指で触りながら噛みしめると筋肉が動くのがわかるかと思います。

この筋肉を中心に頭の側面全体をマッサージしましょう。

やり方はシャンプーのときのように指を立てて行うもよし、

げんこつ、ねこのてを作ってやるもよし、

手のひらで頭皮をスライドさせるようにソフトにするもよしです。

ここをしっかりほぐすと頭痛も改善するので肩こり頭痛に

悩んでいる方は是非試してみてくださいね!

まとめ

ではまとめます。

  • 咀嚼は胃腸の負担を減らし睡眠の質をあげる
  • 咀嚼は便秘改善、ダイエットにもなる
  • 咀嚼はしっかりすることで小顔効果もでる
  • 咀嚼は歯並びを良くする
  • 咀嚼は脳への刺激が強く、記憶力や集中力が向上する

いかがでしたでしょうか?

しっかり噛む癖をつけてより健康な体にみんなでなりましょう!

この記事がおもしろいと思った方は是非下のバナーをぽちっとお願いします!


健康法ランキング
タイトルとURLをコピーしました