お灸の効果、セルフ灸のやり方などベテラン鍼灸師が疑問にお答えします!

ママの為の情報局

お灸女子なんて言葉がでてきてもう5年近く経ちますかね。

お灸の効果に感動する方が増えて需要が高まっているのは事実のようです。

しかしこんな方も多いのではないでしょうか?

「お灸したけど効かなかったよ。」

「なんとなく良いって聞いたけど効果がよくわからなかった。」

「本当に体に効くの?」

そんな疑問に施術歴16年目、経営12年目のわたくし、としひろ院長が勝手にお答えしていこうと思います!

お灸はいつやるのが正解?

お灸はいつやってもいいんです!

基本的には慢性疾患や自律神経の乱れに対して効果が高いと言われています。

でも急性の痛み、例えば捻挫やぎっくり腰でもお灸をすることで早く改善させることができたりします。

まあこれはただ灸を据えればいいというものでもないので鍼灸師に施灸してもらうほうがいいですが。

お灸は何回やればいい?

肩こりに対して、例えば肩井(けんせい)というツボになら1日1回か2回。

熱いとか効くぅ!という感覚があるならOKです。

お灸は多少根気が必要ですから症状が和らぐまでは毎日やることをオススメします。

こういうと、「えー?毎日?めんどくさいから薬にしよう。」っていう方がいたりしますが、お薬も○日分とかでますし朝晩飲んだりしますよね?

お灸も同じですよ。

お灸の作用

いま科学的に実証されているのは以下の3つのようです。

  • 増血作用
  • 止血作用
  • 強心作用

増血作用とは赤血球を増やし血流を良くする作用で、お灸が女性に好まれるのはこの作用があるからでしょう。

現代の女性は昔と比べたら生理の回数も倍近くあると言われていますし、栄養不足気味な方も多いので血が足りていないなんて方もいるんです。

お灸は手軽に血流を改善できる素敵なアイテムなんですよ。

止血作用は血小板を増やすことで傷の治りを早くする作用です。

やけどした部位、切り傷の周りに小さなお灸をすることで治りが早くなることもあるんですよ。

強心作用とは白血球を増やして菌やウイルスから体を守ること。

コロナが流行っている今だからこそお灸を日課にしたいものです。

お灸はやけどするんでしょ?熱いほうが効くんでしょ?

これは昔の言葉「灸を据える」というのが現代まで残っているからこういうイメージを持つ方が多いんですよね。

お灸には実は種類があってそれもかなりの種類があります。

ピラミッド型にしてやるお灸、お米くらいの大きさにひねってやるお灸、タバコのような棒灸、鍼の頭につけてもやす灸頭鍼、にんにくとかしょうがとかを皮膚に乗っけてその上にもぐさを乗っける隔物灸などなど。

それに全てが皮膚まで当てるかというとそんなことなくて、皮膚から少し離れたところで消すことの方が多いんです。

僕がお灸をするとほんのりとしか感じないと言われることが多いのですが、それでもすやーっとリラックスして気持ちいいという方が多いんですよね。

逆に熱く感じさせてしまうと興奮してしまってリラックスできず疲れてしまいます。(症状によってはそうすることもありますけど)

で、やけどさせた方が効くって話なんですが真っ赤な嘘です。

この理論だと熱くないお灸は効かないってことになります。

しかし昔から鍼灸師のするお灸はさほど熱くないんです。

熱くなきゃ効かないならこんなにあちこちでお灸が売られているはずありませんよね。

だってやれば必ずやけどになるし、国がそんなの販売させるわけありません。

今ドラッグストア、薬局でも売られているってことはやけどの心配もない安全で、それでも体によく効くという証拠です。

せんねん灸、カマヤミニ…どこのお灸がいいの?

今本当に種類が多いですよね。

それぞれ熱さや匂い、燃焼時間などに差があります。

どれが良いというのは一概に言えません。

使ってみて自分がこれはいい匂いだな、この熱さはいいな、と思ったのを使うのがベストです。

先日、メジャーリーガーのダルビッシュ有が登板の日にはこれをしないと調子がでないし、やるとやらないとじゃ雲泥の差がある、なんて言ってお灸を紹介していましたね。

それがこちら、せんねん灸太陽-火を使わないお灸。

せんねん灸太陽 火を使わないお灸 60コ入

新品価格
¥3,900から
(2021/4/24 07:14時点)

うちの院でもお灸は販売していますが購入される方は多いです。

ちなみにビワの葉エキス入りの少し特殊なやつを売っています。

気になる方は是非うちのネットショップからも買えますのでどうぞ!(笑)

としひろ院長のセレクトショップ powered by BASE
はり灸治療院クオーレのネットショップに訪れていただきどうもありがとうございます。このネットショップではとしひろ院長おすすめのサプリや健康グッズなどを販売しております。【はり灸治療院クオーレについて】多摩市多摩センターに2010年4月にオープンし10周年を迎えることができました。これを機にさらに多くの方に鍼の良さ・お灸の...

そもそもお灸とはなんぞや

お灸の歴史はめちゃくちゃ古いです。

3000年も前からあったとされています。

日本で流行りだしたのは江戸時代。

弘法の灸なんて言葉聞いたことありませんか?

まあ僕もうっすら聞いたような聞いたことがないような…くらいのものですが汗

弘法大師が持ち帰った灸法として世に広まったようです。

江戸時代からって約400年ですよ?凄くないですか?

そんな長く愛されているお灸が未だに親しまれ使われている、むしろ今ブームがきていると言っても過言ではないでしょう。

まとめ

お灸は肩こりや腰痛だけじゃなく選手のパフォーマンスを上げたり不眠や胃腸の調子を整えたり、その汎用性は素晴らしいものです。

なんか体がスッキリしない、疲れが取れない、もっと選手として活躍したい、そんな方は是非お灸を購入してやってみましょう!

質問があればお気軽にコメントくださいね!

今回の記事がおもしろかった、役に立ったよという方は下の【子育て情報】バナーをポチッとお願いいたします。


子育て情報ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました