【花粉症で目・鼻・あごが辛いときに効くツボ6選】鼻水出すぎて歯も痛い!!

ツボ講座

どうもこんにちは!としひろ院長です。

急に暖かくなったりしたもんだから花粉が一気に飛びましたね。

僕は症状が一気に悪化して鼻水はだらだら流れまくりで、マスクの中がびっちゃびちゃになり1日で3枚マスクを捨てました( ;∀;)

花粉症が発症するとだいたい

  • 呼吸が苦しい
  • まぶたが重い
  • ぼーっとする(酸欠)
  • 首肩こりがひどくなる
  • 鼻水出すぎてアゴまで痛い

こんな感じの方が多いと思います。

今回僕はアゴまで痛くなりそれはもうつらくてつらくて、なぜだか寒気までするほどでした。

睡眠の質まで落ちる花粉症です。

こういう最悪な状態になる前に先手を打ちたいところですがなかなかできないもんなんですよね。

今回は花粉症で鼻水出すぎてアゴまで痛くなる人におススメしたいツボをご紹介していきます!

顔のツボ一覧

これが顔にあるツボです。

今回は特に反応が強く、効果を実感できるツボをご紹介しますね!

①アゴのツボ 【下関・大迎】

鼻水ですぎてなぜかアゴが痛くなります。

アゴの筋肉がガチガチに凝ってしまっているようなのでここをマッサージしたり鍼やお灸で刺激すると時間の経過とともに楽になっていきます。

僕は鍼をやって翌日にめちゃくちゃ楽になりました。

まずアゴの痛みには下関と大迎が良く効きます。

このふたつのツボはどうも花粉症の時によく凝るようです。

症状がきついときに強く押しすぎると逆に痛みがつらくなるので、少しじわーっと響くくらいの強さでマッサージしてあげると後が良い感じなります。

②鼻のツボ 【迎香・けんりょう】

鼻づまりに著効なツボです。

けんりょうは目じりを下におりてきて頬骨の下のラインとぶつかったところにあります。

やや鼻側の方が効くような気もしますが人によるかも。

字は難しくて顴髎と書きます。

迎香は鼻のわきにあります。

ここを鍼で丁寧に刺激すると鼻がすーっと通る方が多いです。

まあ正直、花粉症のようなきつい鼻づまりのときは焼け石に水くらいの効果しか感じられないことも多々あります(;^_^A

③頭痛、頭重感に 【印堂・攅竹】

花粉症で目や頭が重だるく、目も開けていたくないくらいならこのふたつのツボは有効です。

印堂は眉毛の間のちょうど中間。

鍼が良く効くんですが家ではできませんし、マッサージではいまいち効果を実感しづらいかもしれませんから、アルミホイルを豆粒大に丸めた物を貼っておくと◎。

攅竹は眉頭にあるツボで正面から押すよりも、くぼみを下から上に、脳天に向かうように押すと気持ち良さを感じやすいです。

攅竹も強く押しすぎず、心地よいくらいの刺激で2,3分じっくり押してあげる方がより効果的です。

おまけで 側頭部全部

頭の横、側頭部にもツボはいっぱいありますが、この部分はツボというより面で全体的にとらえてマッサージしてあげるほうが頭のスッキリ感がでます。

シャンプーするように5本の指全てを使って頭皮を動かすようにマッサージするもよし。

手のひらでやや強めに抑えて頭皮をぐわんぐわんとずらし動かすようにするもよしです。

3分程度やるだけで頭痛や頭重感がかなり取れます。

花粉症でなく、眼精疲労で頭痛がしている方もここは是非マッサージで緩めてあげましょう!

まとめ

というわけで花粉症のときによく使うツボをご紹介してみました。

顔はとても凝っていることが多い部位です。

花粉症の発症でそのコリがより一層強くなってしまうと頭痛や顔の痛みなどに発展してしまいます。

花粉症でつらいときは是非このツボマッサージをしてみてください。

それと花粉症の症状の重さは人それぞれです。

症状があまりにもつらいなら早めに耳鼻科に行ってお薬をもらいましょう。

症状の悪化で自律神経も乱れてしまうと仕事も育児もままなりません。

症状をおちつかせてツボで回復を早める。

これがオススメです!

ツボの紹介は→のカテゴリーのツボ講座を見てもらえれば症状別にツボ紹介しています。

もしあなたが眼精疲労、疲れ目でもお悩みならこちらを御覧ください。

頭痛まである眼精疲労に即効くツボ3選【ベテラン鍼灸師がお教えします】

今回の記事がおもしろい!役に立った!という方は是非下の【子育て支援】バナーをぽちっとお願いいたします。


子育て支援ランキング
タイトルとURLをコピーしました